トップページ > 採用情報 > 採用責任者 常務取締役 山内 隆弘

採用責任者 常務取締役 山内 隆弘


採用責任者 常務取締役 山内 隆弘

求める人財は、共に成長できる仲間。果敢なチャレンジが未来を切り拓く。

建設コンサルタントとはどのような仕事でしょうか。

saiyoutantou01建設コンサルタントはさまざまな分野の社会資本整備に携わり、計画から調査、測量、設計、維持修繕に至るまで一連の技術サービスを提供する仕事です。学生の皆さんには「設計図をつくる仕事」だというと分かりやすいのではないでしょうか。建設業とは違い、実際に道路や建物の工事をすることはありませんが、発注者の多様なニーズを満たす提案力やコミュニケーション能力の高さが求められます。また優れた設計をするためには、専門分野をはじめとした幅広い知識と経験が必要です。技術は進歩していきますので、勉強は欠かせませんが、暮らしの基盤となる地域社会に貢献できる、やりがいのある仕事だと考えています。

新卒で入社した場合、どのような業務を任されるのでしょうか。

弊社では技術職と総務職を採用しており、学部学科不問です。入社後は本人の希望や適性を考慮して配属を決定し、各部署で経験を積んでいただきます。我々の強みは道路、河川、測量など総合建設コンサルタントとして各分野にスペシャリストがそろっていることですので、分からないことがあったら上司や先輩方にどんどん質問してみてください。社会人になったら、指示を待つだけでなく、自ら動くことも大切です。この仕事は何のためにやっていることなのかと考えられる人と、そうでない人では、2年後、3年後の成長が確実に違っていきます。

いま、大進が求める人物像について教えてください。

saiyoutantou03やる気があって、仕事を楽しめる人が一番ですね。建設コンサルタントは発注者の信頼を得ることが大切ですので、仕事に対する熱意や向上心は欠かせないと思います。社会人になると日々忙しく、あっという間に時間が過ぎていきますので、自分の信念を持ち、目標を設定して、それに向かって努力しようとする強い意志が大切です。その中で、自分の時間も大切にしてほしいと思っています。仕事だけではなく趣味の時間や、人と交流する時間も自分を成長させますし、仕事に対しての取組み意欲にも繋がると考えています。先ほど学部学科不問と言いましたが、弊社には文系学部出身の技術者も在籍しており大いに活躍されています。また、業界に先駆けて女性技術者の育成に取り組んできた歴史もあり、産休、育休、時短勤務の制度も整っています。

資格取得への取り組みについて教えてください。

建設コンサルタントは、勤続年数を重ねるほどに資格の重要性を実感するようになります。そこで弊社では、技術士や測量士、RCCMをはじめ、さまざまなノウハウが蓄積されていますので、有資格者指導による社内勉強会などを通して効率的に勉強できます。もちろん、社外の勉強会や研修会への参加も可能です。やる気ある技術者のステップアップを応援するため、資格手当や報奨金も支給しています。

最後に入社を検討している学生さんへメッセージをお願いします。

saiyoutantou02会社は自分の人生の一部になりますので、さまざまな会社に足を運び、自分が本当に働きたいと思えるところを選んでいただきたいと思います。弊社では会社説明会だけでなく、OB訪問やインターンシップも受け入れています。地元のお祭りに参加するなど、地域社会とも交流できる楽しい会社です。ぜひやる気のある方のチャレンジをお待ちしています。

profile

profile_joumu常務取締役 山内隆弘 2004 年入社。薩摩郡さつま町出身。 山口大学大学院社会建設工学専攻。 県外建設コンサルタントの出向を経て、常務取締役就任。 2015 年山口大学大学院技術経営学科(MOT)卒業。 現在に至る。趣味はマラソン、登山、テニス、読書、映画鑑賞

トップへ戻る