トップページ > 業務内容 > 水道・パイプライン

水道・パイプライン


水道・パイプライン部門 我が社は、様々な公共事業の中の一つ「下水道」事業も先駆けて取り組んでいます。 今日、我が国は、大気汚染、水質汚染等様々な公害に見舞われています。将来の子孫たちの生活を考え今から自然環境の改善を推進しなくてじゃならないと考えています。そこで、まず考えられる事業が「下水道事業」なのです。下水道について少し説明します。

下水道設備の大切さ

下水道が整備されますと、私たちが日常生活で使った水やし尿は、「汚水」として下水道管に流れ、下水処理場に集められて浄化されます。そして、再び河川などに戻されるか、私たちに役立つ水となります。また、雨は「雨水」として下水道管に入り、速やかに河川などに流されます。この「汚水」と「雨水」を総称して「下水」といいます。
このため、トイレの水洗化をはじめ、汚水や雨水がたまらないので、蚊やハエなどの発生を防ぎ、伝染病を予防し、雨が降っても浸水がなく、清潔で快適な生活環境が確保されます。また、河川、湖、海などの公共用水域をきれいにする水質保全の役割を担っており、水環境をよみがえらせる働きをしています。
また、近年では、下水道がもっている資源などの有効活用と利用が図られており、地球環境を考慮した省エネルギー、資源の再利用などの社会的な要請にも貢献しています。
このように、下水道は、水道、電気、ガスなどと同様に、私たちの生活や活動になくてはならないライフラインとなっています。 下水道は、目に見えないところで皆様と生活や活動を支えています。この事業を通し皆様の生活および将来のクリーンな環境に少しでも貢献できればと考えています。

「(社)日本下水道協会HPより一部引用」

私たちの生活と下水道

我々が生きていく上で欠かせない水は、地球に生命が誕生して以来、地上へ雨が降り、川は海に注ぎ、海水は太陽に温められて蒸発して雲になり雨になるということを繰り返してきました。我々は、生活において水を考えるとき、まず、この雄大な自然の水循環を想像できます。
我々は生活の中で、水を利用し、家庭の外へ排出しています。
下水道は、自然の水循環と我々の暮らしをつなぐ大切な役割を担っています。我々が生活の中で汚している水を、きれいに処理し川や海に戻しています。下水道がなければ、汚されたままの水が流れ込んで、川や海は汚れ、自然の水循環を壊してしまいます。このような下水道の役割は、これからますます大切になっていくことと考えられます。

業務別実績表

河川部門 砂防部門 道路部門 橋梁部門 水道・パイプライン部門 都市計画部門 測量部門 用地調査部門 調査部門 補償部門 建築部門 港湾部門 施工管理
トップへ戻る